「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ペルージャ( 3 )

 

ひとりだけのランチ

山の上の古くて美しい街、ペルージャが気に入った。
旧市街の誰もいない路地を歩いて、お菓子屋さんや八百屋さんを見つけて、COOPで1kg18ユーロのトスカーナのプロシュットに感動し、お昼になりトラットリアを探した。すると1軒、静かなオステリアの前を通りかかった。入り口は閉まっており、外から店の中を覗いてみると誰もいなかった。厨房はきれいになっていたけれど材料や下ごしらえされたものなどが見えなかったので、お昼はやっていないのかな、と思って他の店を探そうと路地に出ようとしたら買い物袋を持ったおじさんが私の目の前に立っていて、やぁいらっしゃい!さぁ中に入って!という感じで明るく私に声をかけた。とても笑顔が良かった。この人の料理はきっとおいしいのだろうと思った。



b0137274_20543114.jpg

静かで美しい街



b0137274_20553093.jpg

お昼を食べたらローマに戻る 最後の街歩きを楽しんだ




b0137274_20561556.jpg

イタリア いいな~!



b0137274_2102317.jpg

お土産屋さんがある展望台へ来た



b0137274_2115562.jpg

こんなに緑が多い街なんだ



b0137274_2181086.jpg

こちらはもう一つの展望台



b0137274_2124399.jpg

かわいいメリーゴーランドの広場



b0137274_2143221.jpg

写真を撮るのが楽しい街



b0137274_2185185.jpg

気になって入ったオステリア



b0137274_21143746.jpg

私はラビオリを食べたいと思っていた でもお昼のメニューにラビオリはなかった



席に着いて私はラビオリが食べたいです、と言うとおじさんは「ラビオリね、トマトソースにチーズでいいかな?よし、任せといて!」というようなことを言って厨房に入って行った。メニューにはないけれど作ってくれるみたい!



b0137274_21154192.jpg

旅っていろんなことがあるなぁ



b0137274_21163782.jpg

リコッタとほうれん草が詰まったラビオリ もっちりとしておいしかった



b0137274_21221962.jpg

手作りのラビオリ 古いカフェ 誰もいない路地 私はペルージャを忘れない



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2010-10-08 21:29 | ペルージャ  

美しいペルージャの旧市街

天井画の美しいカフェを出てプリオーリ宮殿の前を通り、細い路地を探してどんどん歩いて行った。



b0137274_1631459.jpg

現在は政庁舎として使われ美術館が入っている



b0137274_16551395.jpg

サン・ロレンツォ大聖堂と噴水



b0137274_170868.jpg

階段を上り写真を撮って



b0137274_16565538.jpg

中に入った



b0137274_16563836.jpg

ステンドグラスがきれいだった



b0137274_171186.jpg

大聖堂を出て路地を探した



b0137274_1723313.jpg

アジア人にはあまり会わなかった 日本語を聞いたのは1回だけだった



b0137274_1732871.jpg

こういう風に建物の中を通り抜け出来るようになっている道が多い



b0137274_174722.jpg

こういう道を探していた



b0137274_1751360.jpg

静かな通りで前にも後ろにも誰もいなかった



b0137274_1755976.jpg

坂道が多い山の上の街



b0137274_1771225.jpg

大きな小麦粉の袋を運ぶおじさんを追いかけてみるとお菓子工房があった



b0137274_1782252.jpg

そのすぐ近くにはお菓子屋さんがあった 手作りのお菓子屋さんが多い



b0137274_17909.jpg

あ!



b0137274_1793252.jpg

近寄るとねこがすり寄ってきた



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2010-10-07 17:10 | ペルージャ  

ペルージャのカフェSandri

今回ローマからフィレンツェの他にもう1都市電車で行ってみたいと思っていた街があった。それがペルージャで、ガイドブックを持たず、情報も特に仕入れずに出掛けた。ウンブリア州はアッシジにちょっと立ち寄ったことがあるだけで他の街を知らなかった。心に引っかかっていたのは『古い町並み』というキーワードだけで、どんなところなのかあまり調べずに行くことにした。こういう旅もおもしろいものである。
行きは乗換えがある4時間の移動で21ユーロちょっと、帰りは乗換えがない3時間の移動で10ユーロちょっとの料金がかかった。
ペルージャってどんな街なのだろう。



b0137274_20341644.jpg

ローマのテルミニ駅の売店で朝食を買って電車に乗ることにした



b0137274_2039290.jpg

ナポリのお菓子フォリアテッラをひとつ買って電車に乗り込んだ これがとてもおいしかった



b0137274_20455623.jpg

電車に乗って4時間後にペルージャに着いた




b0137274_20465621.jpg

駅で旧市街への行き方を聞いて バスに乗り換えて旧市街を目指した



b0137274_2047577.jpg

山の上のイタリア広場へ着いた



b0137274_20495557.jpg

まずは地図をもらわなくちゃ



b0137274_2051070.jpg

近くにインフォメーションがなかったので 広場近くのホテルで地図をもらった



b0137274_20533493.jpg

この街も古くて美しい 



b0137274_2054948.jpg

イタリアではオリーブの木をいろんなところで見かける



b0137274_20581982.jpg

細い路地が多い街 これはわくわくする



b0137274_20592269.jpg

まずは朝のカプチーノを飲みたいとカフェを探していると素敵なウィンドーを見つけた



b0137274_2102391.jpg

なんておいしそうなケーキ



b0137274_2105245.jpg

なんてクラシックなカフェ



b0137274_2124866.jpg

これは入らなくちゃ



b0137274_2131364.jpg

ショーケースにはケーキやパンやチョコレートがきれいに並んでいた



b0137274_2135692.jpg

カプチーノとミルフィーユのようなケーキ これで2ユーロちょっと 安い!



b0137274_2155430.jpg

しばらく天井を眺めていた 1860年創業の古いカフェ



b0137274_217328.jpg

チョコレートやお菓子がぎっしり詰まったケース



b0137274_218947.jpg

このカフェが気に入って 帰りにもう一度寄ってチョッコラータを飲んで帰った



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2010-10-06 21:13 | ペルージャ