カテゴリ:マルセイユ( 8 )

 

マルセイユ クレモンティーヌとエスプレッソ

ニースからパリ行きの電車のチケットをなんとか取り、10時間の旅が始まった。マルセイユで乗り換えがあり、5時間ほど観光出来る時間が取れたので荷物を駅に預けて街へ出た。
ニースと同じようにマルセイユへ来るのも1年半ぶりで、街がどんな風に変わったのか歩いて確かめたかった。



b0137274_1573965.jpg

南の港街の匂い 懐かしさで胸がいっぱいになった



b0137274_15102237.jpg

それでも私の心は晴れない スーツケースのことで頭がいっぱいだった



スーツケースは今回の旅のために新しく買ったもので、生活するための最低限必要なものが入っている。今は服もコンタクトレンズも充電器も、メイク道具も着替えもワンピースも何もないのだ。一から揃えなければならない。なくなったショックと思わぬ出費を考えて、南の街を楽しむ余裕がさっぱりなかった。

フランスには絶好調で到着して、しっかりメイクをしてお気に入りのワンピースを着て、きれいな自分で街を歩きたかった。私はもう同じ服を6日も着ている。眼鏡にすっぴんに足元はスニーカー。ストレスでニキビまで出来ている。これがどんなに苦痛で悔しくて情けないことか、女性なら絶対にわかってくれると思う。

こんな気持ちで街歩きをしても楽しいわけがないと思った。



b0137274_15134625.jpg

カラスミを売るお店 写真はあと何枚撮れるの?



b0137274_1518685.jpg

前回来たときに果物ナイフを買った店 同じ場所に同じナイフが売っていた



b0137274_15195512.jpg

懐かしいマルシェへ来た



b0137274_15192950.jpg

たくさんの輝く野菜 この街の野菜ってこうだった



b0137274_1522254.jpg

たくさん買い込んで思い切り料理がしたい



b0137274_15232233.jpg

このマルシェでクレモンティーヌをひとつ買い 皮をむいてかじりついた



b0137274_15244479.jpg

食べ物の力ってすごい フレッシュな甘さを感じて 前向きな気持ちが出てきた



このマルシェの近くで、私はアラブの方からカメラの充電器を買った。日本のカメラの充電器なんてまさか売っていないだろうから、新しいものを買わなければならないだろうと思っていたので、充電器が5ユーロ買えたのがうれしかった。その充電器は見たこともない形で、見たこともない使い方をする。まだ充電していないから本当に使えるかちょっと心配だけれど、今後このブログに写真がアップされれば使えているということ。



b0137274_15262389.jpg

歩き疲れたのでちょっと座りたい カフェを探した



b0137274_15315350.jpg

このカフェに入った 観光客向けというより地元の人のためのカフェという感じ



b0137274_15312213.jpg

席について マルセイユの空と人と街並みを見ながらエスプレッソを飲んだ



b0137274_15335522.jpg

すると足元から元気が湧いてくるのを実感した



b0137274_1534485.jpg

私の旅はこれから マルセイユの空のように心は晴れて行ったのである




旅は物語のようだといつも思っている。誰も見たことのない小さな映画を見ているようだ。



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2010-04-21 15:48 | マルセイユ  

葡萄畑の中を走って

マルシェとメトロの駅で、お土産にマルセイユ石鹸を買った。



b0137274_5153796.jpg

オレンジの屋根と青空の街



b0137274_510504.jpg

ミントティーとお菓子とミツバチの店



b0137274_5173599.jpg

坂道の街



b0137274_5211244.jpg

マルシェには食べてみたい果物がたくさん並ぶ



b0137274_5125340.jpg

次の街へ



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2008-10-19 05:24 | マルセイユ  

ブラッスリーでの出来事

今朝は8時前に港へ魚を買いに行った。魚屋のおじさんには、生で食べられる魚はないと言われたので、私は小さいタイのような魚を買ってホテルに戻り、下ろしてスライスしてレンジで蒸して、みじん切りのトマトとレモン・オリーヴオイル・塩・挽きたてのコショウで和え、バゲットに合わせて食べた。



b0137274_2393244.jpg

まだ薄暗い朝8時前の港



b0137274_2310192.jpg

そのあとお昼頃の港 大きなカモメ



そのあとはモード美術館でヴィンテージドレスなどを鑑賞し、Le Corbusierの集合住宅“ユニテ・ダビタシオン”を見に行った。ガイドブックで見たイメージよりもとても大きく、バスを降りて驚き存在感に圧倒された。



b0137274_2311785.jpg

ロンシャンの礼拝堂へ行ったことを思い出した



そのあとは遅いランチを食べに、ホテルのある駅の近くのブラッスリーへ行った。店頭では生ガキがどんどん開けられ、店内は午後2時を過ぎても地元の人であふれていた。私はムール貝のワイン蒸しを注文した。はっきり言って、一昨日食べたブイヤベースより遥かにおいしかった。あぁこの店に通えば良かった。安くておいしい店とはやはり、地元の人で賑わっている店なのである。
この店で食後のカフェをいつものようにデジカメで撮ろうとしていたら、店員の女性がやってきて、これはカフェと言うのよ、とわざわざ書いて教えてくれた。私が写真なんか撮っていたから、何も知らない観光客だろうと思ったのだろう。私は支払を済ませ席を立つときに、その文字の横に“Merci!”と書いて店を出た。



b0137274_23131682.jpg

観光客は私だけのようだった



b0137274_23123515.jpg

イタリアンパセリや他に何種類かハーブが入っていてとてもおいしかった



b0137274_23135223.jpg

わざわざありがとう



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2008-10-18 06:37 | マルセイユ  

小さなナイフを買ったら

なんだか旅をしている、という実感が湧いた。それからバゲットを切るナイフ。まな板はパリで1€で買ったものを持ってきている。
マルセイユに来てからは毎日ホテルで自炊をしている。本当はコンロがほしいところだが、電子レンジが付いているから、旅をしていてもある程度栄養が摂れるのがうれしい。根菜をゆでて塩・挽きたてのコショウにバターを載せれば、もう立派な一品になる。これに焼きたてのバゲットにワイン、大好きなロックフォールがあれば満足な夕食である。スープやサラダを作ったり、お昼用にサンドイッチを作ったりと、ホテル暮らしでもなかなか充実した食事が出来ている。自分は本当に食べることが好きなのだ、と改めて実感した。明日は早朝に魚市場に行き魚を仕入れ、朝ごはんにカルパッチョが食べたいと考えている。さて、“この魚は生でも食べられますか?3枚に下ろしてください”と伝わるだろうか。



b0137274_3475671.jpg

モード美術館前のメリーゴーランド



b0137274_3484843.jpg

ひと駅ごとに違うメトロ構内のデザイン



b0137274_3503131.jpg

マルセイユのマカロン



b0137274_4203756.jpg

ホテルでも自炊は出来るものね オリーヴが大好きになった旅



b0137274_3533259.jpg

好きな通り



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2008-10-17 04:05 | マルセイユ  

ねことマルセイユ

ノートルダム聖堂付近の路地では、たくさんのねこに会った。その度に心が癒されて、疲れが取れる思いがした。



b0137274_2263225.jpg

このねこ 我が家のこちびじゃないの



b0137274_2312139.jpg

今朝の港



b0137274_232243.jpg

あぁ この魚 ハーブ焼きにしたい



b0137274_2332686.jpg

今日のお昼に食べたブイヤベース



b0137274_2343245.jpg

マルセイユ石鹸はオリーヴオイルが原料



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2008-10-16 02:48 | マルセイユ  

エキゾチックな雰囲気の中を歩く

今日も朝から夜まで、いろいろな人種の人たちが行きかう港街を歩いた。フランスなのにフランスではないおもしろさに惹かれた一日だった。帰国するまでにモロッコに行ってみたい。



b0137274_4184997.jpg

おいしそうなオリーヴ オリーヴは種付きが断然おいしい!



b0137274_4222745.jpg

マルシェを発見 あぁこの野菜を使って思い切り料理がしたい



b0137274_4232418.jpg

お土産にほしくなってしまう



b0137274_4244625.jpg

ミツバチが飛び交うカフェで ミントティーとお菓子 合わせて2.1€



b0137274_4301784.jpg

19時半の港 夜釣りを楽しむ人や写真を撮る人たち メトロへ急ぐ人たちを見た



b0137274_4324486.jpg

2600年の歴史



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2008-10-15 04:36 | マルセイユ  

マルセイユ あたたかい街

あたたかい人たちに出会う毎日。



b0137274_427743.jpg

アーティチョークの絵が描かれたお店



b0137274_4301078.jpg

ペタンクを楽しむお年寄り



b0137274_431294.jpg

青空とオリーヴ



b0137274_4321482.jpg

かわいい八百屋さん



b0137274_4325065.jpg

坂の上の夕焼けと鳥かご



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2008-10-14 04:33 | マルセイユ  

階段の港街 3つのお話

ミラノから8時間電車に乗って、フランスに戻ってきた。マルセイユは初めて訪れる街である。



b0137274_3303679.jpg

ノートルダム・ド・ラ・ギャルドバジリカ聖堂からの眺め



b0137274_3322959.jpg

航海の無事を祈る船の模型のある聖堂
地図を広げて一人で歩いていたら、エレガントなおばあさんが話しかけてきた。何か困っているの?大丈夫です、今ノートルダム聖堂に登ってきました、疲れました。おばあさんは私の腕をしっかりつかんで、あらぁ大変だったのね、と言った。私はおばあさんの手がしわしわなことが悲しくて、それでも話しかけてくれたことがとてもうれしかった。



b0137274_3362191.jpg

聖堂の周りは とにかく坂道と階段が多い



b0137274_3384045.jpg

誰かがじゃがいもを届けたみたい
午後、聖堂の近くを歩いていたら歩道に鳩が倒れていた。傷はついてないが死んでいるようだった。私が鳩を見つけたのと同じくらいに、私の隣を歩いていた民族衣装を着たおばさんもその鳩を見つけた。二人で立ち止まり、鳩を見て、次に私たちは見つめ合った。かわいそうね、でも私たちには何も出来ないわ、そうよね。私たちは何も話さなかったけれど、はっきりと意思が通ったことを実感した瞬間だった。おばさんは悲しそうな顔をしていた。



b0137274_3394989.jpg

ドア一つのデザインがとてもかわいい



b0137274_3411863.jpg

あたたかい港町

夜、スーパーで買い物をして、坂道を下りながらバッグに詰め替えようとごそごそやっていたら、買ったりんごを落とした。りんごはマンガみたいにとっとことっとこと転がって行ってしまった。何しろ長い坂道が多い街だから、100メートルくらい転がり続けて私はりんごを追い掛けた。そうして走っていたら、歩道を歩く人たちが私を見て大笑いして、私もおもしろくなって笑った。りんごはぼこぼこになってしまったけれど、女性が足でキャッチしてくれた。



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2008-10-13 04:16 | マルセイユ