「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:美術館( 18 )

 

朝のオランジュリー美術館

オランジュリー美術館が好きで何度も足を運んでいる。モネの睡蓮が見たくて行くのだけれど、今回はモディリアーニもユトリロもじっくり見ることが出来た。



b0137274_1542344.jpg

コンコルドの駅で降りてチュイルリー公園を通って行った



b0137274_155213.jpg

秋の晴れて少し寒い空気が心地良かった



b0137274_1564418.jpg

まだ誰もいない部屋



b0137274_1584980.jpg

『若い奉公人』をしばらく見ていた



b0137274_22814.jpg

静かな美術館はいいな



b0137274_225384.jpg

睡蓮はやはり人気でたくさんの人が見に来ていた



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2010-09-09 02:06 | 美術館  

初秋のロダン美術館の庭

今日はたまに日差しがあって、街歩きにとても良い日だった。ロダン美術館の前を通りかかったので庭だけに入ることにした。今日はここでお弁当を食べよう。



b0137274_2395456.jpg

大好きなロダン美術館の庭




b0137274_2412157.jpg

庭だけの入場料は1ユーロ カフェやトイレも併設されている



b0137274_2424372.jpg

静かで美しい庭



b0137274_244915.jpg

のんびりと歩くと心が落ち着く



b0137274_2452212.jpg

ベンチに座ってお昼を食べた




b0137274_2461667.jpg

今朝も雨が降っていたけれど晴れてよかった でもすぐに曇ってしまう



b0137274_2473254.jpg

落ち着いた素敵な庭 落ち葉の季節も美しいのだろう



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2010-08-19 02:50 | 美術館  

モネとマドレーヌ・ヴィオネ展

今日はマルモッタン美術館へ行った。帰国前にモネの作品をもう一度見ておきたいと思っていたからだ。
この美術館はやはり素晴らしかった。以前来た時よりもそう強く感じた。そして、モネの庭にもう一度行きたいと思った。でも明日は蚤の市があるし、まだ行けるかわからない。
モネもよかったが、最後の映像作品がとてもよかった。PARISという題名で15分くらいの映像だと思うのだが、空からヘリコプターか何かで撮影されたパリが映されていた。カメラと街との距離はあまり遠くなく、街の様子や人が動いているところが撮影されており、パリのいろいろな場所をゆっくりと移動していた。音楽がまた素晴らしい。凱旋門の映像では、日本語の“おぉシャンゼリゼ”が流れ、これは私のために作られた作品かと思いたくなるくらいに感動的だった。短い映画を見たようだった。パリを発つ前にここへ来て良かった。



b0137274_4424727.jpg

モネの作品がとても好きだ




b0137274_4433577.jpg

美術館の近くにある公園の売店




移動中にメトロの広告が目に留まった。なんとマドレーヌ・ヴィオネ展が装飾美術館で開催されているという。これは今すぐ行かなきゃ!



b0137274_445111.jpg

そういうわけで装飾美術館へ行った こんな自由な旅ももう終わりなのね



b0137274_4475823.jpg

いやぁ 最後に見られてよかった



b0137274_4484116.jpg

学生時代にパターンの研究をしたっけ とても楽しい授業だった



b0137274_4492562.jpg

それで私はマチ付きのコートを作って着ていた




b0137274_4502115.jpg

これもドレスなんです



b0137274_4584297.jpg

ピンタックのチェック



b0137274_4505468.jpg

本物のトワルを間近で見られた



b0137274_4531032.jpg

なんてかわいいの



b0137274_454236.jpg

本当に素敵



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2009-07-04 04:59 | 美術館  

パレ・ド・トーキョーにて

昨日の夜は友達と待ち合わせをしてパレ・ド・トーキョーのカフェへ行こうということになっていた。ガイドブックによると、おしゃれなカフェらしいのだ。さぁどんなところかしら!



b0137274_17311790.jpg

セーヌ川沿いに建つ建物の中にある




b0137274_1732174.jpg

落書きだらけじゃないの



階段もとても汚くて悲しくなった。そこで若者たちがスケボーをしていた。
カフェはガイドブックのイメージとは違っていた。友達と相談して、別の店へ行こうということになった。



b0137274_17342616.jpg

近くに雰囲気の良さそうなワインバーがあったのでそこへ入った




b0137274_1736167.jpg

私たちの接客をしてくれたムッシューがいろいろ私たちに質問してきた



b0137274_17353644.jpg

私たちは適当に答えながら 仕事熱心な人ねと思っていた




パリでは何をしている?どれくらいの期間いるの?君たちの名前は?とかそんな話である。それから自分の友達の日本人の女性の名前を挙げて、この人知ってる?などと聞かれてムッシューが私にウィンクした。ウィンクなんてパリでされたことがない。ここはスペインかイタリアかと思ったのでフランス人ですか?と聞いたらフランス人だと言われた。年齢は私と同じくらいか、もう少し若いかもしれない。背が高く素敵な男性だった。
ムッシューは何度か私たちのテーブルへやって来て料理はおいしいか?パリは好きか?などと聞いて行った。
そのあと私たちは店を出てシャイヨー宮方面へ歩いて行った。そうすると後ろから男性が走って来て私たちを呼びとめた。ワインバーのムッシューであった。彼は私に、週末僕のバイクでパリを案内します、というようなことを言った。ここで私たちはやっとわかった。私たちはお断りした。
こういう風にナンパするのだ。フランス人にとっては仕事中なんて関係ないのだ。私と友達は何だか感心してしまった。彼の行動力に。日本の男性にもこのくらいがんばってほしいものだわ。



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2009-06-12 17:56 | 美術館  

海洋博物館マリンファッションの歴史

昨日はバガテル公園に行こうと思っていたのだが雨が降り続いておりとても寒かったので、私はブーツを履いて行きたいと思っていた『Musee national de la Marine』へ行った。現在展示されている『Les marins font la mode』を見るためである。



b0137274_18182474.jpg

雨のエッフェル塔もいいね



b0137274_18241170.jpg

月曜日の雨の午後 お客さんは少なく 落ち着いて見ることが出来た



b0137274_18271838.jpg

大きくてきれいな船 実際に使われていたのだろうか



b0137274_1911391.jpg

模型がたくさん展示されている 船が好きな人にはたまらないだろう




b0137274_18304552.jpg

海軍の制服についての説明が載っている



b0137274_18334938.jpg

マリンをテーマにしたラグジュアリーブランドの展示 このコーナーは見応えがあった



b0137274_18322079.jpg

老若男女問わず フランスでは本当によくボーダーシャツを着た人を見掛ける



b0137274_18362240.jpg

みんなボーダーが大好きなのだ



b0137274_18443079.jpg

そしてとても似合っている



映画『なまいきシャルロット』のシャルロット・ゲンズブールのスタイルが、フランスでは今でも変わらず存在している。シルエットは少しずつ変化しながらも、ボーダー×デニムはもう長い間フランスの人たちの定番としてあり続けている。私にとってこのスタイルはなまいきシャルロット以前に“mcシスター”の定番のスタイルであった。定番と言えば、街中で毎日見掛けるのがロンシャンのナイロンのトートバッグである。私も一つほしいと思っているが何色がいいだろうか。
久しぶりに『なまいきシャルロット』が観たくなった。

先程まで雨が降っていたが上がったようだ。お昼を食べたらバガテル公園へ行こうかしら。



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2009-06-09 19:08 | 美術館  

25分のオランジュリー美術館

今日第一日曜日は、無料で入場出来る美術館がパリにはいくつもある。私はオランジュリー美術館に行きたいと思っていた。
お昼過ぎに友達がアパートに来たので、パスタを作って一緒に食べて、そのあと二人で美術館へ出掛けた。夜まで開いているとガイドブックにはあったが、今日の開館は17時45分までとのことで、17時過ぎに美術館へ着いた私たちにはあまり時間がなかった。それでも見たい作品は決まっているから、時間が少なくても大丈夫だろう。休日で無料開放されているというのに、閉館間近だからかお客さんは少なく、睡蓮を長椅子に座ってじっくり鑑賞出来た。



b0137274_323162.jpg

今日のパリは雨が降ったり止んだり そして風が強くとても寒かった



b0137274_3302482.jpg

この美術館が大好きだ



b0137274_3293332.jpg

ジヴェルニーを思い出す モネの庭に来た気分になる



b0137274_3254580.jpg

こうしてこの絵を見ることも もうしばらくないのかもしれない




b0137274_3271242.jpg

次にこの美術館を訪れるのはいつになるだろう



b0137274_32829.jpg

1年後かもしれないし50年後かも知れない



b0137274_3284397.jpg

先のことはわからない いつだって将来に不安はあるけれど




b0137274_333164.jpg

50年後も元気に旅が出来たらいいな



b0137274_3345654.jpg

そのときパリはどうなっているのだろう



b0137274_3351873.jpg

日本はどう変化しているのだろう




ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2009-06-08 03:39 | 美術館  

LE 104 CENT QUATRE

昨日は友達と、去年新しく出来たばかりというアート施設へ行った。
駅からは少し距離があり日差しが強いため、私は日焼けからシミになるのが嫌でジャケットを頭にかけて影を作って歩いていたら、友達が“街の人たちが見ている”と笑っていた。
ヨーロッパの人って本当に日焼けが好きよね。私は日焼けはしたくないから日傘がほしい。でもパリで日傘を差す勇気はちょっとないかもしれない。



b0137274_19171612.jpg

人気がないけれど本当にここなの?



b0137274_19182798.jpg

ガーデニングの店が入口の近くにあった この施設は無料で入れるようだ



b0137274_19354528.jpg

ストッキングの植木鉢までアート



b0137274_19201891.jpg

ここは何のスペースかちょっとわからなかった 写真がディスプレイされていた



b0137274_19211698.jpg

吉祥寺にありそうな本屋さんがある ちょっとしたかわいいおもちゃも置いてありおもしろい




b0137274_19225321.jpg

昔工場だったという建物 人が少なく広々としていて気持ちが良い空間だ



b0137274_19235890.jpg

TATIおじさんの家?らしい TATIおじさんの映画を見てみたい



b0137274_19262759.jpg

作りかけなのかと思ったがどうやらこれで完成しているようだ




b0137274_1925151.jpg

このソファーと開放感があんまり気持ちよくて居眠りしてしまい友達を見失ってしまった



b0137274_1927539.jpg

移動図書館みたい



b0137274_1929858.jpg

数年ぶりに友達とプリクラ?を撮った ものすごくレトロな仕上がりだった



このアート施設はまだ作りかけで完成していないようだったが、子供たちが課外授業で絵を描きに来ていたり、大人が昼寝をしていたり、のんびりと自由な空気が流れていて私はとても気に入った。また行きたい。



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2009-06-03 19:36 | 美術館  

中世美術館

この美術館の説明が、ガイドブックに“中世の世界へタイムスリップ”とあり、どんな美術館なのかしらと以前から気になっていた。



b0137274_518159.jpg

10番線Cluny La Sorbonneの駅からすぐ近くにある




b0137274_5231561.jpg

正面の入口



b0137274_524444.jpg

パリにこんな所があったのだ



b0137274_5253268.jpg

鉄の鎖で出来たシャツ



b0137274_5321966.jpg

美術品の数が多く じっくり見ているとどんどん時間が過ぎて行く




b0137274_5333869.jpg

印象的なタピストリーがたくさんあった



b0137274_535912.jpg

この美術館の建物は修道僧のための館だったという




b0137274_5372915.jpg

見応えのある美術館



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2009-05-04 05:39 | 美術館  

ロダン美術館

毎月第一日曜日は、パリ市内の美術館で入場料が無料になるところがある。私は今日、午後から二つの美術館へ行くことにした。一つ目は大好きなロダン美術館へ行った。



b0137274_2033983.jpg

無料開放日とあって 入口には行列が出来ていた




b0137274_20353622.jpg

美術館内のカフェに行きたかったのだが閉まっていた



b0137274_20363014.jpg

庭園を散歩する人たちがたくさんいた



b0137274_20373333.jpg

池の真ん中の作品も『地獄の門』から独立したものなのだな



b0137274_2038457.jpg

『地獄の門』



b0137274_20394913.jpg

バラの見ごろはこれから



b0137274_20405017.jpg

それでも咲いているものもあった



b0137274_20421962.jpg

間近で作品が見られる美術館



b0137274_20431664.jpg

ゴッホ『タンギー爺さん』



b0137274_20442226.jpg

18世紀の邸宅が美術館になっている



b0137274_2048781.jpg

ロダンが1908年から亡くなるまでの9年を過ごしたという



b0137274_20463092.jpg

この階段をロダンも歩いたのだろうか



b0137274_20453589.jpg

庭園を一望出来る



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2009-05-04 04:39 | 美術館  

プチ・パレ

グラン・パレのすぐ近くにある市立美術館。企画展がない時は無料で入場出来る。



b0137274_5243412.jpg

無料とは思えない素晴らしい美術館



b0137274_5335599.jpg

ところで TGVに乗って7時間半かけて目的地のホテルについた



b0137274_5355680.jpg

早速ブログの更新をしようとネットを開いたけれど



b0137274_538810.jpg

このホテルのネット環境は最悪である



b0137274_53911100.jpg

先程から繋がったり切れたりを繰り返している



ネットが繋がらないことはストレスである。このホテルはロビーしか繋がらず、更に1時間2€支払わなくてはならない。繋がっている時間だけを合わせて1時間2€なのだろうか。あぁ、東京は本当に素晴らしい街だと心から思う。



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2008-10-02 05:47 | 美術館