おいしい街

タイでの滞在で最後にやっておきたかったことは、気になっていた屋台で揚げ菓子を買って食べること。その屋台はおばあさんが一人で切り盛りしていて、他にはバナナの揚げ菓子を売っている。屋台にはまだ緑色のバナナが積み上げられていた。



b0137274_8203777.jpg

タイは緑がいっぱい



b0137274_821779.jpg

屋台もいっぱい



b0137274_8213295.jpg

おばあさんの屋台で買った揚げ菓子 1個2バーツ これはとてもおいしかった!



b0137274_8225590.jpg

何度も出前を取った近所のタイ料理屋さんの一皿



b0137274_8234590.jpg

パッタイみたいな でも麺はミー これが最高においしくて何度も食べた 一皿30バーツ!




これは本当においしくて、忘れられない味となりました。米粉の麺と野菜と卵とえびに、ちょっと香ばしい香りのする油や調味料がよく合ってとてもおいしいです。これに日本から持って行った唐辛子をかけて食べていました。おいしい物を自分で発見する喜びは旅の醍醐味でもあります。
このお皿をいつも届けてくれたのが、タイ料理店のお孫さん、中学生の女の子です。彼女と私がなんとか英語で会話をして、いつも出前を頼んでいました。最後にお別れを言えなかったのがちょっと切なかったですが、店主のおじさんとは挨拶出来ました。出会いと別れ、これも旅の醍醐味ですね。



またいつか、どこかの街でお会いしましょう。

みなさんよい旅を!
[PR]

by kyou-paris | 2011-05-12 08:35 | サムットサコーン  

<< 2年ぶりのパリ 夕暮れの市場 >>