ラマダーン

夕方ベルヴィルの近くを通りかかると、人がごった返していた。通りにミントやパセリやアラブ菓子を売る店が出て、その周りに人が集まっているという感じだった。今月11日からイスラム教ではラマダーンが始まったそうで、その間は日没から日の出までの間は絶食をするのだそうだ。その分夜に1日分の食事をするという。だから先週から夕方になると通りが賑わっていたのだ、納得した。パリは本当に、いろんな顔を持つ街だ。



b0137274_15112753.jpg

ベルヴィルのマルシェの通りの歩道側はお祭り騒ぎ



b0137274_15152837.jpg

朝から夜まで食べられないなんて大変



b0137274_15162376.jpg

パリにはいろんな人たちが住んでいる



b0137274_15131746.jpg

気になっている物があったのよね



b0137274_1514540.jpg

これなんだけど 食べ物だと思うけど 甘いのかしら お菓子なのかしら どんな味なのかしら



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2010-08-18 15:18 | パリ  

<< 初秋のロダン美術館の庭 エッフェル塔の近く >>