さびしいときはおいしいものをたべるんです

昨晩ルームシェアをしている女性がパンをこねているのを見て、あぁ私も明日はパンこねよう、と思っていた。
こね上がったパン生地がまん丸でつやつやだったからだ。あぁ楽しそう、私もパン作りたい!それで今日は外から帰って来てすぐにパンをこねた。パン生地にはレーズンをたっぷり入れた。レーズンがたっぷり入ったベーグルを作ろうと思っていたのだ。それでこね上がって成形して発酵させてゆでて焼成している間に後片付けをした。
それまで部屋の温度を上げてパン生地を発酵させるために閉め切りにしておいたキッチンの窓を開けて、窓の下にあるごみ箱に散らかった粉などをしゃがみ込んで捨てて立ち上がった。その時に窓の角に頭を強くぶつけた。一瞬チカチカして次に痛みがやって来た。そしてその次にさびしさがやって来た。これはどういうことかと言うと、うぅ、痛い、私は頭をぶつけて痛いの、って誰かに言いたい、でも今このことを言える人が誰もいない、あぁ妹に言いたい、お母さんに言いたい、ルームシェアしている女性に言いたい、と思ったのである。こんなとき一人ってさびしいもんだわ。



b0137274_5372242.jpg

ベーグルが焼けた ちょっと発酵が足りなかったみたい




b0137274_5393751.jpg

それでも 焼きたてっておいしいなぁ



香ばしい香りのするまだ温かいベーグルにバターをたっぷり塗ってさくらんぼのジャムを塗って食べて、紅茶を飲んだら元気が出てきた。



ブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]

by kyou-paris | 2009-06-14 05:45 | パリ  

<< シテ島周辺の散歩 昨日のこと >>